ブログを書くことが成長につながる

ブログが書けない

ブログを書いていると、だんだんネタがなくなってきます。

その時、「もうやめちゃおっかな~」という気持ちがよぎると思います。

ですが、そんな時はこの記事を思い出してください。

ブログを書くことが成長につながるなら、もう少し続けてみようと思いませんか?

スポンサーリンク

1.思考の質が格段にアップする

思考の整理整頓と効率化

ブログを書くときに、なんとなく頭の中で考えて、画面見ながら文字を打ち込んで、納得したらそれで終わりにしていませんか?

ブログには読みやすい文字数やレイアウトがあります。

読んでくれる人に対して、いかに文章を読みやすくするかという事も考えながら書いていきます。

更新を頻繁にしようとなると、より効率的かつ効果的に書こうと考えます。

つまり考えを整理しながら、かつ効率的に書いていく方法を考えるようになります

そのうち、思考した結果を読みやすい形で、読みやすい文字数で、場合によっては記事を分け、思考を整理しながらブログを書いていくという事が自然にできるようになります。

例えば

1.記事を書こうとおもった背景や出来事、感情

2.そこに現れた課題など

3.最も言いたい事

4.今後どうしていくかなどのまとめや、感想

というように、話を順序立てて、整理し、まとめることができます。

まとめることができれば、何から書けばよいかわかりますし、書く速度も速くなります。

思考の整理整頓と効率化がアップします。

2.思考するクセができる

考えるクセ・情報を探すクセ・ビジネスと向き合う時間ができる

私の場合、ブログは毎日更新する事を目標としています。(あくまで目標ですが、、、汗)

なぜかというと、新鮮な情報をお伝えしたいと思っていることはもちろん、毎日考えるクセをつけること、情報を探すクセをつけること、ビジネスと向き合う時間を強制的に作るためです。

ブログを書く時間(書かなくてはいけない理由)を強制的に自分で決めているので、その時間で脳内ダンピングを行います。

ネタがなくてもネタを探さなくてはいけません。

文章や構成を考えなければいけません。

スケジューリング→思考→ブログを書くという図式です。

 

何かを思いついた、何か書きたい事ができた、といったタイミングで、ブログを更新しようと思ってもなかなかできません

それは毎日、仕事や家事や、子育てなどの忙しさによって、【何かを考える】という行動は、やることリストに入っていないのです。

考えてからブログを書くでは、到底、毎日書けません。

だからこそ、時間だけを事前に確保しておき、習慣的にブログを更新するというルールにしておくのです。

3.世界が広がる

新しい出会いや、情報交換ができる

上記の「1.思考の質が格段にアップする」「2.思考するクセができる」だけが目的であれば、ブログでなくてもいいわけです。

手帳に書いていても同じ効果を得る事ができます。

しかし、手帳に書かずに、わざわざブログにアップする理由があります。

それは、【ブログならインターネットを使って、世界に発信できる】という、大きな利点があるからです。

自分だけで思考や情報を完結させるのではなく、たくさんの人にシェアしたり、知ってもらうことができます。

ブログを通じて知り合った人とコミュニケーションしたり、情報交換をしたり、自分の世界がどんどん広がっていくのを感じることができるでしょう。

もちろん、ビジネスブログとして、世界中にの人に自分のビジネスを知ってもらったり、たくさんの人にメッセージを伝えることができます。

まとめ

ブログを頻繁に更新するのは、正直大変だと思います。

ですが、文章を考える力や、効率よく書いていく術が身につきます。

また、ブログを書く時間を強制的に、スケジュールに組み込むことで、考えるクセや、情報を探すクセ、ビジネスに向き合う時間ができます。

ブログで発信するという事は、世界に発信することと同じです。

世界相手にビジネスできますし、ブログで知り合った人たちとコミュニケーションをすることで、世界がどんどん広がっていきます。

こんなに利点があるなら、ブログをがんばって書こうかな~という気になりますよね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク