おせっかい情報一覧

個人事業主か、法人か?事業を長く続けるには

20年後の会社生存率は0.4%と言われるこの時代。起業する際に、しっかり計画を練っておかないと、事業を長く続けることができません。個人事業主にするか、株式会社にするのか、合同会社にするのか。メリット、デメリットと知ったうえで決めることが、生き残ることにつながります。

個人事業主が納める税金と計算方法

起業して、個人事業主になると税金を納めなくてはいけません。ただ、納めなくてもいい金額や、所得によって税率が変わってきます。賢く節税するには、税金の知識がなくてはできません。個人事業主に深くかかわる、5つの税金についてお伝えします。

起業準備費用で節税する

起業準備にかかった費用は、節税対策に使えます。開業日よりどのくらい前から、費用として計上できるのか?どんなものが準備費用として計上でき、どうやって節税対策をするのか?をお伝えします。準備費用で購入した領収書、レシートは必ず保管しておきましょう。

青色申告のメリット・デメリット

青色申告のメリットは、なんといっても節税効果、経費削減。お金に関する優遇措置が多いことです。デメリットは、複雑な帳簿を付ける必要があり、申請書も提出しなくてはなりません。確定申告の際の書類も、白色申告に比べ増えます。

白色申告のメリット・デメリット

白色申告のメリットは、なんといっても手続きの手軽さ・簡単さ。複雑な帳簿を付ける必要もなく、確定申告の際に提出する書類も少なくて済みます。デメリットは青色申告で受けられる優遇措置が受けられないこと。主に税金や経費など、お金に関することがデメリットとなってきます。

開業届の書き方

書類提出はめんどくさいイメージがありますが、個人事業主の開業届は手軽に提出でき、費用もかかりません。履歴書並みに簡単です。しかも、税金対策ができ、社会的信用もアップします。表を使って詳しく書いています。

起業家に向いていない人の特徴

起業に向いていない人の特徴は7つあります。もし当てはまってしまっても、自分の意識と行動によって、起業家に向いている人に変わることができます。どんな人が起業をして成功するのか。稼ぎ続けることができるのか。あなたはどうしたら成功することができるのか。

どんなビジネスで起業するか

起業するとき、どんなビジネスをしようか悩みますよね。お金が稼げるからという理由では、長続きしません。大事なのは、自分の【やりたいこと×できること×アイディア】をビジネスにすること。既存のビジネスであっても、あなたのオリジナリティが付加されれば、それは世界で一つの商品になります。

起業を成功に導く10の戦略

起業の成功とは、売上金額だけでは決まりません。いかに、長くビジネスを続けるかが重要です。起業成功には、スタート時に目的や計画を明確にすることが大切です。また、顧客の設定、商品決めも重要になるでしょう。顧客のニーズに応え、ニーズを作り出す、力強いビジネスをしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク