起業準備一覧

ビジネスで稼ぐために必要な3つの要素

稼ぐためには3つのポイントがあります。マーケットを絞ること。顧客を増やすこと。商品・サービスを決めること。それに忘れていけないのは、お客様に喜んでいただくこと。そこには、感謝とお金がうまれます。その連鎖で収入が増えていくのです。

起業するリスクをマネジメントする

起業するにはリスクがあります。これが起業するのをためらう理由の一つです。社会保険や病気、手続きの手間、お金、、、いろいろなリスクがありますが、これらを起業前に知っておくことで、リスク回避ができます。しっかりリスクマネジメントして、長く継続できるビジネスをしましょう。

会社設立の資本金をいくらにするか

会社設立の資本金は、いくらにしたらよいでしょうか?初期費用、運転資金、税金のことも考慮して決定しましょう。ビジネスの成功は事前準備にあり。制度上は1円でも可能ですが、今後のビジネス継続を考えて、適切な資本金額にしましょう。

1円株式会社はアリかナシか

1円で株式会社を設立することは可能です。ですが、安易に資本金が少ないまま会社を設立すると、後々大変なことになる可能性があります。会社を立ち上げたいが、資本金を集められない場合には有利な制度ですが、会社を立ち上げ、ビジネスを続けるには、資金が必要です。つまり、資本金がないと、ビジネスが継続できません。

個人事業主か、法人か?事業を長く続けるには

20年後の会社生存率は0.4%と言われるこの時代。起業する際に、しっかり計画を練っておかないと、事業を長く続けることができません。個人事業主にするか、株式会社にするのか、合同会社にするのか。メリット、デメリットと知ったうえで決めることが、生き残ることにつながります。

個人事業主が納める税金と計算方法

起業して、個人事業主になると税金を納めなくてはいけません。ただ、納めなくてもいい金額や、所得によって税率が変わってきます。賢く節税するには、税金の知識がなくてはできません。個人事業主に深くかかわる、5つの税金についてお伝えします。

起業準備費用で節税する

起業準備にかかった費用は、節税対策に使えます。開業日よりどのくらい前から、費用として計上できるのか?どんなものが準備費用として計上でき、どうやって節税対策をするのか?をお伝えします。準備費用で購入した領収書、レシートは必ず保管しておきましょう。

青色申告のメリット・デメリット

青色申告のメリットは、なんといっても節税効果、経費削減。お金に関する優遇措置が多いことです。デメリットは、複雑な帳簿を付ける必要があり、申請書も提出しなくてはなりません。確定申告の際の書類も、白色申告に比べ増えます。

白色申告のメリット・デメリット

白色申告のメリットは、なんといっても手続きの手軽さ・簡単さ。複雑な帳簿を付ける必要もなく、確定申告の際に提出する書類も少なくて済みます。デメリットは青色申告で受けられる優遇措置が受けられないこと。主に税金や経費など、お金に関することがデメリットとなってきます。

開業届の書き方

書類提出はめんどくさいイメージがありますが、個人事業主の開業届は手軽に提出でき、費用もかかりません。履歴書並みに簡単です。しかも、税金対策ができ、社会的信用もアップします。表を使って詳しく書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク