Facebookページ登録方法

フェイスブック

ビジネスで使えるFacebookページを使った集客術です。

投稿・コメント・シェア・メッセージ機能を通じて、ユーザーと直接つながって交流できる無料の情報配信ツールですので、ぜひ利用しましょう。

スポンサーリンク

1.アカウントを作る

個人アカウントを作る

Facebook個人アカウント

1人1つの実名登録が必要なアカウントです。

一般的に使用するのはこちらになります。

個人アカウント情報は、Facebookページには表示されません。

また、後からページの管理者を追加・変更することも出来ます。

ビジネスアカウントを作る

個人アカウントをビジネスアカウントに移行するという方法で、Facebookページを作ります。

ビジネスアカウントは制約があるので、使用している方は少ないと思います。

Facebookページ

企業などのFacebookページを作成する場合、ローカルビジネス・会社・ブランドの中から、どれを選べばよいか迷ってしまうことがあります。

「ローカルビジネスまたはスポット」は、登録画面で名前と住所の入力をするため、店舗や施設のようにその地域に根ざしたビジネスが最適です。

でも店舗が複数ある場合は住所を複数登録できないため、「会社または団体」か「ブランドまたは製品」を選んだ方がよいでしょう。

Facebookページ カテゴリ

カテゴリをクリックすると↑のような入力画面が出てきます。

カテゴリにより登録内容が異なるため、「カテゴリを選択」のプルダウン項目を確認して一番適切なカテゴリを選びます。

それでも迷った場合は、同業他社が運営しているFacebookページのカテゴリを参考にしましょう。

2.プロフィール設定をする

FB 基本設定

1.基本データ→2.プロフィール写真→3.お気に入りに追加を順番に設定します。

後で再設定も可能なので、スキップしてもOKです。

3.設定から一般を設定する

設定→一般(左メニュー)

画面上にある設定タブを選択します。

左のメニューにある一般が選択されているはずです。

上から順番に説明していきます。

FB基本設定の仕方

  • 1.公開範囲

    まだ設定が完了していなので、すべての設定が完了するまでは、非公開にチェックをしていおきましょう。

  • 2.投稿の設定

    ページのタイムラインへの他の人の投稿を許可を次の3つから選びます。

    運営方針によって選びましょう。

    1. 写真と動画の投稿を許可
    2. 他の人の投稿をページに表示する前に確認する
    3. ページのタイムラインへの他の人の投稿を許可しない
    ※2番を選べば事前に投稿を確認できるので安心です。

  • 3.投稿のターゲット設定とプライバシー

    オンにすると記事を投稿するときに、ページの投稿を誰に表示するか(共有範囲の趣味・関心、性別、年齢などから)を設定することが可能です。

  • 4.メッセージ

    Facebookページにメッセージボタンを配置して、閲覧者からのメッセージを受け付けるかを設定します。
    メッセージを受け取れない、返信できる体制が整っていないという場合はチェックをはずしましょう。

  • 5.タグ付けの権限

    ページがら投稿した写真や動画に、ユーザーがタグ付けすることを許可か否かを設定します。

    スパムや迷惑行為を避けるためには拒否する設定が良いですが、タグ付けでユーザーとのつながりができる場合もあるので、どちらを重視するかで判断すると良いでしょう。

  • 6.国別制限

    ページを見られる国を指定することができます。

  • 7.年齢制限

    ページを閲覧できる年齢を次の年齢制限から選ぶことができます。
    【誰でも(13歳以上)、17歳以上、18歳以上、19歳以上、21歳以上、アルコール関連】

  • 8.ページのモデレーション

    ブロックする言葉をコンマでわけることで、その言葉を含む投稿、コメントをブロックできます。

  • 9.不適切な言葉のフィルタ

    不適切な言葉ブロックするを【オフ、中、強】から選ぶことができます。
    具体的にブロックしたい言葉がある場合は、8.ページのモデレーションで個別に指定する必要があります。

  • 10.同様のおすすめページ

    チェックすると、ユーザーがあなた以外のFacebookページに『いいね!』をした場合、そのページと自分のFacebookページが類似している場合(内容、カテゴリなど)おすすめページとして紹介されます

  • 11.コメントランク

    ページのコメントランキングのオン・オフを設定します。オンにすると、最もアクティブなスレッドが各投稿の一番上に表示され、スパムとして報告されたコメントが一番下に移動します。

  • 12.ページを統合

    管理しているページが類似している場合ページを統合することができます。

  • 13.ページを削除する

    開設したページを削除したい場合ここから削除することができます。

4.基本データを設定する

Facebookページ→基本データ

Facebookページのトップページから、基本データ入力画面を表示させます。

FB基本データ

  • 1.カテゴリ

    初期設定であったカテゴリをここで設定できます。

    ページの内容に合ったカテゴリを選びます。

  • 2.名前

    Facebookページの名前を設定できます。

    ファン数(いいね!数)200人を超えると変更できなくなります。
    また名前には、サービスの内容など検索された時にわかりやすい名前にすると、検索されやすく、ユーザーに見つかりやすくなります。

  • 3.トピック

    ページを表す言葉を3つ選択します。

  • 4.Facebookウェブアドレス

    最初は自動的に割り当てられたURLになっていますが、FacebookページのURLをオリジナルに設定できます。

    Facebookアカウントを作成するか、ログインしてください。友達や家族と写真や動画、近況をシェアしたり、メッセージをやり取りしましょう。
    ユーザーネーム

    ページに関連する覚えやすいURLにすることで、広告や名刺、印刷物などに使うときに覚えてもらいやすくなります。
    注意点として、URLは2回まで変更可能できません。しっかりと考えて決めましょう。

  • 5.開始・創立に関する情報

    次の開始タイプから選択します。
    誕生、設立、開始日、開業、作成されました、リリースされました

  • 6.住所

    会社・店舗の住所を入力します。
    ※カテゴリによって住所の入力項目が表示されない場合があります。

  • 7.簡単な説明

    この情報はFacebookページのトップのプロフィール写真の下に表示される文章です。
    企業、商品、サービスの内容を分かりやすく説明しましょう。ホームページのアドレスを表示させることも効果的です。

  • 8.所有者情報

    所有者情報の入力は任意です。運営者の個人情報などを掲載する場所ですが、公開したくない場合は未入力で良いでしょう

  • 9.会社概要

    会社概要を入力します。

  • 10.詳細

    簡単な説明、会社概要で掲載しきれなかった情報を入力します。

  • 11.ミッション

    理念や目標などを入力します。

  • 12.設立

    【4.開始・創立に関する情報】の項目で、設立以外を選んだ場合はここに設立日を入力します。

  • 13.受賞歴

    受賞歴があればここに入力します

  • 14.商品・サービス

    提供している商品・サービスを入力します

  • 15.電話番号

    電話番号を入力します。

    スマホから見ているユーザーからは、ここに入力した番号をタップすることで直接電話をかけることができます。

  • 16.メール

    連絡を受ける代表のメールを入力します。

  • 17.ウェブサイト

    企業・団体のホームページURLを入力します。

  • 18.公式ページ

    こちらはブランド、アーティストなど第三者がファンページを開設するために利用します。
    企業Facebookページでは必要ありません。

  • 19.FacebookページID

    初ページに自動的に割り当てられた番号です。変更はできません

5.プロフィール写真を設定する

プロフィール画像は正方形

【画像アップロードサイズ:180 x 180 px】
(実際の表示サイズ:160 x 160 px)

180ピクセルでアップロードすれば問題なく表示されますが、少し画像が荒い感じがします。

おすすめは少し大きめのサイズでアップすると、きれいに表示されます。

プロフィール写真にマウスを合わせます。
プロフィール写真を変更をクリックします。

次の項目から選びます。
・以前アップロードした写真か自分がタグ付けされた写真を選択する
・コンピュータから写真をアップロードする
・新しい写真を撮る

必要があれば写真をトリミングして、プロフィール写真を保存をクリックします。

7.カバー写真を設定する

カバー画像は長方形

【画像アップロードサイズ:850 x 315px 以上】

こちらも少し大きめでアップするときれいに表示されます。

カバー画像は、画像内の文字量を20%以下にするという制約があるので注意しましょう。

カバー画像は一番始めに目に入る場所なので、企業やサービスの魅力が伝わるデザインにしたいですね。

8.管理人の追加

自分以外にもFacebookページの編集、投稿などを行う人がいれば、追加することができます。

Facebookを利用している人を追加する場合は、名前から検索できます。

メールアドレスで追加することも可能です。

また管理者にはそれぞれ権限(編集の範囲)を与えることができます。

管理者、編集者、モデレーター、広告管理者、アナリストから選択します。

・管理者
ページの編集、ページとしてのメッセージの送信、投稿の作成、広告の作成、投稿またはコメントの作成者の確認、インサイトの閲覧などページのすべてを管理することができます。

・編集者
ページの編集、ページとしてのメッセージの送信、投稿の作成、広告の作成、投稿またはコメントの作成者の確認、インサイトの閲覧を行うことができます。

・モデレーター
ページのコメントへの返信・削除、ページとしてのメッセージ送信、投稿またはコメントをした管理者の確認、広告の作成、インサイトの閲覧。

・広告管理者
投稿またはコメントをした管理者の確認、広告の作成、インサイトの閲覧。

・アナリスト
投稿またはコメントをした管理者の確認、インサイトの閲覧。

まとめ

Facebookのビジネスページの作り方をお伝えしました。

ページができたら、あとはイベントをたてたり、タイムラインに投稿したり、どんどん発信していきましょう。

ファンを増やすために、SNSなどの他のサイトでつぶやいたり、友達を招待したりしましょう。

Facebookページをつくって満足ではなく、そのあとが大事です。

お客様に有益な情報をどんどん発信していきましょうね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク