主婦起業15 広告・宣伝方法

広告宣伝

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【広告、宣伝方法】についてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP15 お客様に知ってもらうには

今回のSTEPは、集客の一つ、「広告」について学びましょう。

販売方法が決まり、開業が決まったら、それをお客様となる人達に知ってもらわなければなりません。

「この場所(店舗やネットショップ)にあることを、メインターゲットに知ってもらう」のが目的ですから、そのポイントをはずしてしまうとうまくいきません。

「広告」だけとっても、いろいろな方法があります。

●一般雑誌へ広告掲載(ターゲットの読みそうな媒体を選ぶ。高額)

●フリーペーパーへ掲載(地域を絞った発信。比較的安価)

●新聞へ広告掲載(ターゲットの読みそうな媒体を選ぶ。高額)

●ちらし(新聞折込、自分でポスティングやイベントで配布など)
、、、などなど。

また、「宣伝」は広告だけとは限りません。

たとえば、ブログを使って、あらかじめファンを作っておいたり、そのキーワードに関心のある人達のコミュニティに入って知ってもらう、という方法もあります。

さらに、新聞などマスコミの取材を受けたり、記事として掲載してもらうパブリシティという方法もあります。
掲載には、合う媒体に対して“ニュースリリース”という文書を送ったり“記者クラブ”にチラシを置きに行くという方法があります。

これについてはマスコミ側に主導権があり、必ず紹介されるとは限りませんが、積極的に試してみるといいでしょう。

さて、たびたび登場してもらっている、A子さんの場合はどうだったでしょうか?

A子さんの詳しい情報はコチラ

ビジネスを継続させていくには、「一時だけ売れる」ではいけません。商品に対してのターゲットを絞り込み、その方たちに向けての営業活動をしましょう。男性と女性、20代と50代では、商品の魅せ方、告知の仕方も全然変わってきます。ビジネスアイディアに対して、ターゲットを絞り込み、お客様は誰なのか?を明確にしていきましょう。

*~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~*
(STEP10 のA子さんの事例から、抜粋)

オープン時にはチラシを作って新聞に折り込みで入れたので、友人を含めまずまずの来店がありました。

ところが、日を追うごとに来店数が減り、さっぱり売上が上がりません。
あっというまに貯金も底をつきてしまいました。

*~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~*

A子さんは、ちらしを新聞折り込みにしました。

日を追うごとに来店数が減ったのには、いろいろな理由が考えられますが、実店舗オープン時の告知としては、間違っているわけではありません。

でも、メインターゲットを考えてみれば、 興味のない人や世代も含めて広く配る新聞折り込みよりも、同じ趣味の人が多く集うおもちゃ関連の雑誌にお知らせを出したり、ブログやコミュニティを使って応援者を募っておくほうが、長い目で見て良かったと思われます。

メインターゲットが興味をもつようなセミナーやイベントを開くのも、ファン増加に繋がる活動ですから、オープン記念イベントを企画するのもいいですね。

STEP15 ワーク

起業家の目で、手元にある新聞・雑誌・ちらし・カタログなどを見てみましょう。

あなたの注意を惹きつけたり、好印象を与える広告や商品紹介情報を探してみてください。

見つかったら、どこに惹かれたのか、好印象を受けたのはなぜなのか、その特徴について考えてみてください。

また、起業したい商品やサービスを思い浮かべることができる方は、さきほど見つけた広告の特徴にならって、広告イメージやキャッチフレーズなどを想像してみてください。

自分オリジナルの広告も大事ですが、素敵な広告を参考にして真似てみるのも成功への近道です。

まとめ

ターゲットや商品が決まり、いよいよ販売となったら、お客様に知ってもらうための【広告や宣伝】が必要になってきます。

新聞の折り込みチラシや、雑誌掲載など、多くの人に見てもらえる媒体に広告、宣伝するのもいいですが、多額の費用が掛かる場合があります。

最初はWEB上でホームページやブログで宣伝したり、手作りチラシを近所にポスティングするのも一つですね。

また、広告作成の参考に、自分が「いいな」とおもったチラシや雑誌は集めておきましょう。

良いものは真似る、これは成功の近道です。

完全コピーはいけませんが(笑)

ターゲットに商品を知ってもらうため、どのような方法で宣伝するか、すでにある素敵な広告などを参考に考えてみましょう(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク