主婦起業18 自分で感情をコントロールする

感情をコントロールする

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【感情のコントロール】についてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP18 自分でできる感情コントロール

今回のテーマは『自分でできる感情コントロール <思考・身体・感情の関係性>』です。

「思ったように動けない」

「自分は他の人よりダメなのではないか」

「あの人はどうしてああなんだろう、いらいらする」

「悲しい…寂しい…」

こんな風に思うことはありませんか?

そして、そんな時は何もかもが、うまくいかなくなったりします。

よく「起業家はポジティブ思考で!」と言われますが、感情はそんなに簡単に変わってくれませんね。

そんな時、これを思い出してください。

まず、思考、身体、感情の3つの関係性を理解します。

原理1:思考は感情を直接コントロールすることは難しい。

原理2:身体は感情をコントロールできる。
【悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい】というふうに、、、

思考が身体をコントロールし、身体が感情をコントロールすると言われています。

つまり、思考が身体を通じて感情を間接的にコントロールするんですね。

【思考→身体→感情】の仕組みを利用するのです。

たとえば、
「いらいらしたら、優しい声を出してみる」

「寂しくなったら、ジムに行って運動してみる」

「忙しくて混乱してきたら、ゆっくりお風呂に入ってリセット」など。

感情をコントロールするための身体活動を思考が指示します。

意識的にやっていると、次第に感情が、その身体活動によって変化し整えられてきます。

これは、米国の著名な心理学者であり哲学者でもあるW.ジェームズが唱えている考え方ですが、米国生まれの成功哲学の根底にも息づいています。

自分で自分の感情をコントロールできるコツ・習慣をつかめてくると起業だけに限らず、毎日が楽しくなりますね。

STEP18 ワーク

朝の洗顔の時など鏡を見る時を利用して、次のようなことを試みてみましょう。

まず、自分で自分を素敵だと思える笑顔で、笑ってみましょう。

そして、できれば次に、大きな声を出して『わっはっは』と30秒ほど笑ってみましょう。

できれば、1週間続けてみてください。

ただし、家族やお隣さんに、おかしくなったかと思われないように注意してくださいね(笑)

落ち込んでいるときほど、笑顔で、大きな声で笑いましょう。

身体を通じて感情をコントロールできるので、「ちょっと落ち込んでるな」と思ったら、思考→身体→感情の関係を思い出して、感情のコントロールをしてみてくださいね(^^)

まとめ

起業家は強いイメージがありますが、誰しもが強いわけでもなく、またずっとポジティブでいられるわけでもありません。

落ち込むこともあれば、負のループに巻き込まれることもあります。

そんな時は思考で身体を動かし、感情のコントロールをしてみてください。

【悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい】のです。

思考が身体をコントロールし、身体が感情をコントロールするのです。

笑顔を作り、大声で笑ってみると、気持ちも明るくなりますよ(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク