主婦起業3 自分の人生の主役は自分

人生の主役

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【自分の人生の主役は自分】ということについてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP3 人生の主人公は自分

夢のコラージュボードはもう作ってみましたか?

なぜ、起業するか?が明確になったら、起業した後の未来を描きましょう。起業した後の未来、夢や希望を明確にすることによって、モチベーションが高まり、なぜ起業するかの理由もさらに明確になります。それには、ビジュアル化をするのが一番良い方法です。夢のコラージュボードの作って、夢や希望をビジュアル化してみましょう。

やり始めると、好きな雑誌や広告なども気になってきて、今までとは違った楽しみ方ができます。
自分が封印していた夢が、思い浮かんできたりもします。

夢のコラージュボードを作ると、夢や希望が具体的に現れてきて、ワクワクした気持ちが止まりません。

その気持ちを原動力として、ビジネスを軌道に乗せていきましょう。

起業は楽しいばかりではない

さて今回は、起業は楽しいばかりでもいられないお話を少しだけしましょう。

起業とは自分が自分の人生の主人公になること

ということを、理解しておきましょう。

これは、スターのように華々しく主役になるということではありません。

確かにそういった、大きな喜びやうれしい涙が溢れることもありますが、それよりももっと考えてほしいことがあります。

他の会社やお店で雇われての仕事は、通常は組織としての役割分担があり、自分がその一部の仕事を担います。

最終責任は会社の役員会とトップが負います。

しかし起業すると、必要なことはほぼすべて自分自身が担わなければなりません。

責任もすべて自分が負わなければなりません。

上手くいかないことを、誰かのせいにして生きている人は、起業には向きません。

例えば

妻から夫に対して「仕事ばかりで家事をしてくれない」

夫が妻に対して「子どものことはお前(母親)の責任」

親が学校に対して「先生がどうにかしてください」

世の中が悪くなるのは政治の責任。

わたしの病気を治すのは医者の責任。

わたしの人生が失敗したのは、○○の責任。

このように上手くいかないことが、誰かのせいだという考えや気持ちでは、起業してもうまくいきません。

起業は、現実と責任を引き受けることから生まれる

上手くいかなかったとしても、それを自己責任として引き受ける。

それが「主役になる」ということなのです。

そして「引き受ける」ことによって、周囲の光景は変貌しはじめ、現実が躍動してきます。

同じ光景が、まったく異なった意味を持って迫ってきます。

それまでは自分に関係がないと思っていた事が、にわかに重要なことに思えてきたりもします。

起業を考えているあなたは今、自分が主役となる舞台を作ろうとしているところなんです。

起業をきっかけに、自分の持てる力をフル活用し、精一杯、自分の人生の主役として活躍していきましょう。

STEP3 ワーク

自分と向き合う

起業したら、将来は輝いていて前だけ向いて突き進もうと思っていましたか?

夢のコラージュボードを作成して、夢や希望をビジュアル化したのに、水を差すようで申し訳ないですが、やはり、楽しいだけではビジネスはやっていけません。

問題も起こりますし、大変な局面に立たされることもあります。

もしかしたら、このSTEP3で「不安や心配・恐怖」も出てきたかもしれません。

でも、その不安・心配・恐怖を事前に知っておくことは、とても大切です

心構えができます。

自分が苦手なことがわかります。

リスク回避ができます。

自分の傾向がわかります。

今回のワークでは、その不安などを知ることを行います。

不安や心配に思ったことを、紙に書いてみてください。

そして、少しの間、それを眺めてみましょう。

無理に克服しようとがんばる必要はありません。

少しずつ、ゆっくりと自分の内面を確認しながらやっていきましょう。

自分と向き合うと、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

まとめ

起業は夢と希望を叶えるためにするものでした。

ですが、楽しいばかりとは限りません。

責任を負わなければいけないことも、たくさんあります。

良いも悪いも、全て自分が請け負わなければいけません。

起業をきっかけに、自分の人生の主人公は自分ということを、しっかり認識しましょう。

そして、避けたいかもしれませんが、不安や心配なこととも向き合っていきましょう。

自分自身を知らなければ、自分の人生の主役にはなれません。

「人生の主役はあなた」ということ忘れずに(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク