主婦起業4 女性起業のメリット・デメリット

女性起業 メリット デメリット

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【女性起業のメリット・デメリット 】ということについてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP4 女性ならではの起業

女性ならではの起業ということについて考えたことはありますか?

事業者・社長と呼ばれる女性もかなり多くなっていますが、まだまだ男性のほうが多いのが現状です。

リスクも伴うことですし、立上げ資金もある程度は必要。

家庭第一でのんびり…といっても、専業主婦と同じようにはいかなくなるでしょう。

女性社長と呼ばれることに舞い上がってしまい、失敗する人もいると聞きます。

女性は合理的な思考が苦手で感情的なので、企業経営は下手だという人もいます(耳が痛い汗)

これらはデメリットとして思い浮かぶことですが、しっかり計画を立てて、自分を律する工夫をすれば、リスクを低くすることができます。

もちろん、女性だからこそ、、、のメリットもたくさんあります。

女性創業者のビジネスモデルには個性豊かなものが多く、起業スタイルも多種多様。

たとえば、ジャムや保存食を作ることが得意だった人が、離乳食やジャムの会社を作っています。

また、自分の育児時に困った経験からヒントを得て、授乳服のメーカーを立ち上げた人もいます。

これらは、「生活者の視点」「ニーズを肌で感じる」ことをベースに作り上げたから、成功した良い例です。

育児や介護と両立しやすいように、事業形態を作るというコンサルティング会社を立ち上げた女性もいます。

子連れ出勤可能な体制を作ったり、在宅でできるテレワーカー制度を作ったりしています。

自社内では無理でも、保育施設やベビーシッター業者との契約をして、社員の負担を減らしている会社もあります。

自分の家を開放して、料理やネイルのサロン教室を開いている人もいます。

アルツハイマーのお母さんの介護と在宅ワークをしながら、お母さんの描く絵に優しい言葉をつけて出版した人もいます。

このように、女性ならではの視点で起業し、事業形態やシステムの提案、女性サロンや介護や繊細な視点を活かした作品作りなど、男性社会の企業では思いつかないことをやっている女性起業家もたくさんいます。

女性には、「女性ならではの起業」方法があります。

今すぐには無理だとしても、いつか起業に役立つことが、日々の生活の中にたくさんあるのです。

主婦だから、子供がいるから、歳だから・・・なんていってあきらめないで、起業をしたいのならその夢をあたためて、実現していきましょう。

STEP4 ワーク

あなたが「女性であるためにデメリットだと思うこと」を書き出してください。

なんでもいいので、あまり考えずにリストアップしてください。

それらは「勤めている立場だからなのか」「家庭の事情なのか」それとも「漠然とした不安なのか」、さまざまなはずです。

次にリストアップしたものを「起業によってクリアするには」どんな方法があるのか考えてみましょう。

これも、その人の置かれている立場によって千差万別ですが、いろいろな角度から考えてみることが大切です。

書き出したら、これまでのワークで書いたものと一緒に保存しておいてくださいね(^^)

~書き出しワークについて~

これから、1テーマ(STEP)について、ワークが必ずあります。

このワークは「書く」ことで、頭の中で考えるよりも効果を発揮します。

ぜひ、ワークを書き出すノートを用意しましょう。

起業手帳や起業ノートを作り、お気に入りの文房具を用意して、書き出していきましょう。

自分が好きな色、書きやすいペンを使うのがベスト。

書くのが楽しくなります(^^)

まとめ

女性が起業することで、メリット・デメリットがあります。

家事や子育て、介護など、家庭と仕事を両立しなければいけない女性が多くいます。

一見、男性よりも起業するデメリットが多いように思えますが、女性には女性ならではの視点があります。

女性だから思いつくこと、女性だから気が付いたこと、女性だからできること。

女性ならではの強みを活かして、起業する方法もあります。

また、起業リスクを最小限に抑えるために、思いつくデメリットを書き出して、それに対して何をすれば良いかの対策を練りましょう。

せっかく夢があるのに、諦めるのはもったいない。

女性起業家として活躍するために、できることは何でもやってみましょう(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク