主婦起業5 本音は起業を支える心

起業したい 本音

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【本音は起業を支える心】ということについてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP5 自分の本音を知る

STEP1~4を通して、「自分の思い」「夢」に気付き、 「すべて自分が引き受ける」「女性ならではのメリット」などについて考えるきっかけ作りをしてきました。

女性起業家、主婦起業家になるために、最初にやること。それは【自分がなぜ起業したいのか】の想いを知ることです。なんとなく起業した、、、では長続きしません。起業する理由を明確にして、自分自身に宣言しましょう。これから、女性起業家、主婦起業家の人が、どのように起業したらいいのかをお伝えしていきます。
なぜ、起業するか?が明確になったら、起業した後の未来を描きましょう。起業した後の未来、夢や希望を明確にすることによって、モチベーションが高まり、なぜ起業するかの理由もさらに明確になります。それには、ビジュアル化をするのが一番良い方法です。夢のコラージュボードの作って、夢や希望をビジュアル化してみましょう。
起業をきっかけに、自分の人生の主人公は自分ということを、しっかり認識しましょう。起業は夢と希望を叶えるためにするものでした。ですが、楽しいばかりとは限りません。責任を負わなければいけないことも、たくさんあります。避けたいかもしれませんが、不安や心配なこととも向き合っていきましょう。自分自身を知らなければ、自分の人生の主役にはなれません。
女性起業のメリット・デメリットを解説。一見、男性よりも起業するデメリットが多いように思えますが、女性には女性ならではの視点があります。女性の強みを活かして、起業しましょう。また、起業リスクを最小限に抑えるために、思いつくデメリットを書き出して、それに対して何をすれば良いかの対策を練りましょう。

ぼんやりとしていた想いや、逆に焦りの気持ちがあった方にとっても、大事な気づきです。

ゆっくりでもいいので着実に取り組みましょう。

それでは、さっそくSTEP5を始めましょう

STEP2での夢のコラージュボード作成 のときに「自分がなぜ起業したいのか、その理由を書き出してみてください」とお伝えしました。

夢のコラージュボードを「まだ完成していない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくなのでここで考えてみましょう。

書き出した方は、再度それを見てください。

それではここで、質問です。

起業したいという理由の裏には、どんな想いがありますか?

本音はどうしたいのか?を自分自身に問いましょう。

・「自分で判断して仕事をしたい」という人は、
「動けない今の環境から飛び出したい」ということかもしれません。

・「これは社会に絶対に必要な事業だから売れるはず」という人は、
「社会や人の役にたつ自分になりたい」のかもしれません。

・「なんでもいいからお金持ちになりたい!」という人は、
「自分と家族、安定して幸せな人生を送りたい」のかもしれませんね。

実は、やりたいと頭に思い浮かぶことの中には、その人の本音が形を変えて現れていることもあるのです。

それを、最終的な「起業目的」として、しっかりと自分の中に落とし込むことが大切です。

自分の本心を知らずビジネスをしていると、大きな壁にぶつかったときに折れてしまいます。

本音=起業を支える心 なのです。

STEP5 ワーク

しかし、起業目的は1つだけでは、うまくいきません。

たとえば「お金が必要だから」という<経済的な欲求>が強い場合、ほかに動機がまったくないのであれば、リスクを冒すよりも、確実に収入を得られる会社勤めのほうがよいはず。

また、どれだけ<素晴らしいアイディア>を持っていても、そのままあきらめてしまって何も動かなければ、起業には近づきません。

起業して「これをやってみたい」と思い浮かべることを、次の項目にあてはめて確認してみましょう。
(まだ何も思い浮かばない人は、「起業」ということでもいいです)

1.それは、どうしてもやりたいことですか?

2.そのことで、自分も成長できそうですか?

3.自分で判断して力を試してみたいですか?

4.他の人にも知ってもらい評価を受けたいですか?

5.それは、社会や人の役にたつ内容ですか?

6.そのことにより、経済的な基盤もつくれますか?

人によって、欲求が高いものと低いものがあるのが普通です。

ただ、1~6の質問に対して「まったく思わない…」という項目がある方は、もう一度起業することを、よくよく考えてみてください。

ひょっとしたら、起業するよりも自分にとって幸せな働き方があるかもしれません

どれも当てはまる、あるいは、どれもが高まってきている、という方はその気持ちを大切に育てましょう

~書き出しワークについて~

これから、1テーマ(STEP)について、ワークが必ずあります。

このワークは「書く」ことで、頭の中で考えるよりも効果を発揮します。

ぜひ、ワークを書き出すノートを用意しましょう。

専用のノートを作ると一連の流れや思いも確認できますし、時間がたった後でも振りかえることができます。

起業手帳や起業ノートを作り、お気に入りの文房具を用意して、書き出していきましょう。

自分が好きな色、書きやすいペンを使うのがベスト。

楽しみながら書き出してみましょう(^^)

まとめ

なぜ起業したいのか?という気持ちの裏には、あなたの本音が隠れていることがあります。

その本音はビジネスで大きな壁にぶつかったときに支えてくれる、軸の心になります。

1.それは、どうしてもやりたいことですか?

2.そのことで、自分も成長できそうですか?

3.自分で判断して力を試してみたいですか?

4.他の人にも知ってもらい評価を受けたいですか?

5.それは、社会や人の役にたつ内容ですか?

6.そのことにより、経済的な基盤もつくれますか?

この6つの質問に答えていくと、本当に起業したいのかどうか?ビジネスが続けられるのかどうか?がわかります。

起業目的(本音)は1つではありません。

いくつかあるほうが、壁に立ち向かう、より強固な心になります。

自分自身の本音をしりましょう(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク