主婦起業6 好きなことをビジネスにする強み

好きなことをビジネスに

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【好きなことをビジネスにする】ということについてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP6 好きなことをビジネスにして成功する

“好きこそものの上手なれ”という言葉がありますが、自分の好きなことなら時間を割いたり、勉強したり夢中になることができます。

【自分の好きなこと】がビジネスになれば最高ですよね。

やる気も楽しさも、持ち続けることができます。

そう思ってる方は多いと思いますし、私も「好きなことをビジネスにしましょう」と、コンサルティングの時にお話ししています。

しかし、単に「好き」でありさえすれば、ビジネスが成功するとは限らないので、そこを注意しましょう。

好きなことを趣味やボランティアでやっていくことと、ビジネスにするのではまったく違ってきます。

そのために「好き」の内容をできるだけ客観的にみるようにしましょう。

たとえば、雑貨集めやインテリアが好きで詳しいからといって、利益を出さなければならない雑貨店を、うまく経営できるとは限りません。

また、子どもが大好きだからといって、ベビーシッター会社を開いて、たくさんのスタッフを上手に教育・取りまとめしていけるとは限りません。

パソコン作業が好きで、入力やプログラムの経験があるといっても、高齢者も多いパソコン教室の講師に向いているかどうかは別問題です。

自分が「向いていること」「強み」そして「弱み」をしっかり把握して、そこからビジネスアイディアを出していくことが『好きなこと』をビジネスにして成功する方法なのです。

起業に生かすため、自分の「強み・弱み」を自覚しようとする際に、考えたいポイントがいくつかあります。

◆実行力
◆企画力
◆計画性
◆営業力
◆表現力
◆指導力
◆協調性
◆管理能力

もちろん、全てに長けていなければならないというわけではありません

自分の得意・不得意、向き・不向をちゃんと把握できていれば、弱いところを訓練していくこともできますし、事業内容や体制作りに生かしていくことができます。

こういった事を考えていく時の注意事項があります。

「自分の強みや向いてることなんて、わからない」

「資格、もってない。外国語、話せない」

「資金は?ない。応援してくれる人は?いそうにない」

そんな「ない、ない」づくしに考えないでくださいね。

マイナス思考に偏っていくと、結局は「起業なんて無理」となってそこで終わりです

人にとっては強みであっても、あなたが同じである必要はないし、ナンバーワンではなく、あくまでも、オンリーワンを目指せばいいのです

得意ではないことは、周りの方に協力してもらえばいいのです。

STEP6 ワーク

まずは、自分の好きなことや、得意分野を書き出してみましょう

そして、それらをどうビジネスに、結び付けるのかを書き出してみましょう

商品だけを考えようとしても、なかなかむつかしいと思うので、好きや得意と結び付けたビジネスアイディアを出していきましょう。

また、自分には

◆実行力
◆企画力
◆計画性
◆営業力
◆表現力
◆指導力
◆協調性
◆管理能力

があるかを、客観的に判断してみましょう。

実際に例を書き出してもいいですね。

例えば「実行力」なら、「〇〇の時、すぐに××できた」。

「計画性」なら、ビジネスの計画書を作ってもいいですね。

これらに、正解はありません。

自分自身が「こうだ!」と思えば、それが正しい答えなのです。

~書き出しワークについて~

これから、1テーマ(STEP)について、ワークが必ずあります。

このワークは「書く」ことで、頭の中で考えるよりも効果を発揮します。

ぜひ、ワークを書き出すノートを用意しましょう。

専用のノートを作ると一連の流れや思いも確認できますし、時間がたった後でも振りかえることができます。

起業手帳や起業ノートを作り、お気に入りの文房具を用意して、書き出していきましょう。

自分が好きな色、書きやすいペンを使うのがベスト。

楽しみながら書き出してみましょう(^^)

まとめ

好きなことや、得意なことをビジネスに結び付けると、モチベーションが上がるし、継続しやすい。

好きなことは苦にならないので、困難も乗り越えやすくなります。

ビジネス商品を決める時に、好きや得意と絡めて考えると、オリジナリティあふれる商品作りができます。

また、

◆実行力
◆企画力
◆計画性
◆営業力
◆表現力
◆指導力
◆協調性
◆管理能力

などの力が、自分に備わっているか、客観的に判断してみる。

全てにおいてパーフェクトである必要はなく、苦手なことや、やれないことは、誰かに頼むという選択肢もある。

ビジネスを考える時に、正解も不正解もない。

成功するまでやり続けるだけ。

ならば、継続しやすい「好き・得意」でビジネスができるといいですね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク