主婦起業8 感情をコントロールする

感情をコントロールする

起業したい!という女性が増えてきました。

とりわけ、主婦の方は「家事や育児と両立しながら、自分の好きなこと、得意なことで起業したい」と考えている方が多くいらっしゃいます。

空いている時間を有効に使い。起業するのは大賛成。

でも、甘い気持ちで起業すると、うまくいかず失敗することが多いです。

そこで、主婦起業家代表として、どのように起業するのか、その方法やなどを数回にわたってまとめていきます。

毎回テーマとワークがありますので、トライしてみてください。

今回は【感情のコントロール】についてお話していきます。

スポンサーリンク

STEP8 感情をコントロールする

起業へのSTEPも8回目となりました。

STEP1~7までは自分を見つめ直し、起業について考えてきましたが、次の段階に入る前に、少しティータイム。

今回は【感情のコントロール】についてお話します。

起業を始めると、物理的にも精神的にも大きな負担がかかってきます。

お金の問題、取引先との交渉、顧客からのクレーム対応、商品の問題、スタッフとの人間関係、などなど心労の種は尽きません。

睡眠時間がどんどん削られ、病気をしている暇もありません。

知らず知らずの内にストレスが過大になって、ついつい家族や親しい人にあたってしまったりすることもあるかもしれません。

自分がどうしたらストレスを上手く発散できるのか、その方法を知っておくのはとても大事なことです。

感情に流されると落ち込んだり、マイナス思考になってしまいがちです。

そんな時は、友人たちと楽しい時間を過ごしたり、体を休めリフレッシュしたりして気分を変えていきましょう。

そうすることによって、また翌日は新鮮な気分で始めることができます。

頭と心をリセットするのです。

起業すると忙しい毎日でストレスがたまり、心と身体の健康を保つ事が難しくなります。

そのためには、感情のコントロールが必要になります。

感情は、自分のものでありながら、自分の思うようにコントロールするのはなかなむずかしいのですが、日常的に訓練していくと次第にできるようになります

STEP8 ワーク

今回のワークでは、感情をコントロールする方法のひとつをご紹介します。

それは【夜寝る時に、頭の中のおしゃべりを止めること】です。

誰でも一日の終わりには、その日の出来事をいろいろ反芻することが多いでしょう。

嫌なことがあると、頭の中でそれを自問自答しながら、嫌な気分に支配されてしまいます。

たとえば、取引先や大口顧客から理不尽なことを要求された日などは、感情を激して、頭の中でその出来事を何度も反芻(はんすう)し、反論したり対応処置を考えたりしがちです。

「あの人にあんなひどいことを言われて頭にくるわ」

「どうして私ばかりが責められなければならないの」

「この仕打ちにはどこかで借りを返さないと気持ちがおさまらない」

などなど・・・

こういうのを、【頭の中のおしゃべり】と言います。

過重なストレスを回避するためには、まず、夜寝る前には、この頭の中のおしゃべりを、すべて一旦リセットするようにしましょう。

そうしないと、ずっと否定的な気分に心が影響されたまま眠ることになります。

夜寝る直前の意識は、もっとも影響されやすい状態にあるのです。

暗くよどんだ意識に支配されたまま眠る日が続くと、心と身体が次第にバランスを崩すようになるのです。

ですから、少なくとも、寝床に入る直前や寝床に入ってからは、楽しいことや夢のあることなどを思い浮かべるようにしましょう。

気持ちのやすらぐ音楽を聴いたり、好きな絵や写真を見ながら床に入るのもいいでしょう。

子供の時の楽しかったことや最近の感動したことを思い出してもいいかもしれません。

また、就寝時の時間帯は、いわば聖なる時間ですから、その日一日の感謝や祈りをささげてもいいですね。

宗教は関係なく、そのような気持ちに充たされることが大事なことです。

そうすると、無意識のうちに【おしゃべり】から離れることができるようになります。

どうしてもいろいろ考えてしまって、【頭の中のおしゃべり】から離れられないという人は、リラックス導入のための道具を決めてみてください。

具体的なものがいいですね。

音楽でも絵でも写真でも本でも、夢のコラージュボードでもなんでもOKです。

これらの道具を使うことによって、リラックス状態にはいれるよう習慣化させるのも一つの手です。

自分が気持ちいい状態になれたらOKなので、好きなものを選んで試してみてくださいね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク