起業を成功に導く10の戦略

起業成功の秘訣

起業成功率は6%だと言われています。

10年以上、利益を出し、事業を継続できる会社は100社中6社です。

簡単に起業できる今だからこそ、スタートダッシュは大切です。

起業を成功に導く秘訣をお伝えします。

スポンサーリンク

起業の成功定義

継続すること

起業の成功定義は人それぞれです。

特に売上額の大小で起業に成功したかどうかを決める人は多いでしょう。

ですが、会社の規模や、取り組んでいるビジネスなどで、売上額は全く変わってきます。

また、年収1億円を目指す人もいれば、年収1,000万円で満足という人もいるでしょう。

売上額の大小は起業成功の定義にはならないと思います。

そうなると、起業成功の定義は、いかに起業を継続してきたか?になると思います。

ビジネスだけでなく、成功者と失敗者の違いは「やり続けたかどうか」の違いだけです。

1度失敗したとしても、そこで諦めずにやり続けた後、成功すれば、それは起業成功になります。

起業成功の秘訣

1.起業の目的を明確にし、未来を描く

「なんとなく起業する」では、継続してビジネスを続けることはできません。

なんのために起業し、未来はどうなりたいか?を深く掘り下げましょう。

  • そもそも起業する価値があるか
  • 起業の目的は何か
  • 想定される未来を描いているか
  • 業務に関連する詳細な説明ができるか

2.どんなターゲットに、どのような商品を売るのか

アイデアが素晴らしいものであっても、実行できるものでなければ意味がありません。

顧客になってくれるのははどのような人で、どのような商品を売るのかを起業前に吟味しましょう。

  • ターゲットは誰か?また、どのようなニーズを満たすのか?
  • 商品は何か?また、それはどのような点で他の商品と差別化されているか?
  • その商品の市場規模はどの程度か?
  • その商品はどういうプロセスで成長するのか?

3.一貫した価値基準をもつ

ビジネスの基盤となるのは、一貫した態度です。

それが商品、取引先や顧客に影響を与え、ブランドが構築されるのです。

Appleのスティーブ・ジョブズは、まさにその一貫性からブランドを築きました。

一貫した価値基準を持つことを意識しましょう。

4.アイデアが商品になるかを試す

事業計画を立てる前に、重要なのがリサーチです。

思いついたアイデアが本当に実現可能なのか、ニーズがあるのかをリサーチしてみましょう。

顧客に商品を持っていき、これを買いたいと思うか聞いてみるのもいいですね。

商品作りや、製品の開発は簡単ですが、販売するのは非常に難しいものです。

リサーチして、顧客に試してもらい、「いいね」と言ってもらえた商品なら、自信を持って販売できます。

5.資金調達先の確保

100社会社があれば、ほぼ全ての会社が「資金に苦しんだ時期があった」と回答します。

全ての起業家は、キャッシュフローを重視し、早いタイミングで資金を調達する必要があります。

資金調達の全ての可能性とキャッシュフローを良くする手法を把握しておきましょう。

6.ニーズに応えるか、ニーズを作り出すか

事業を維持するためには、2つの方法があります。

一つは「クライアントのニーズに応えること」。

そしてもう一つは「新しいニーズを作り出すこと」です。

クライアントのニーズに答えることは、非常に重要です。

しかし、大きな可能性を作るためには、 起業家は新しい何かを生み出すという信念を必要とします。

7.不測の事態が起こっても冷静でいる

起業してしばらくの道のりを予測できる人はほとんどいません。

いくら未来に思考を巡らせたとしても、予想だにしない出来事が起こります。

それは、社会情勢の変化やシステムの故障、会社内部の争いや自然災害から起こるかもしれません。

そんな不測の事態にどのように対処するかが重要です。

慌てずに、あらゆる可能性を探るのです。

8.長期計画と短期計画をバランスよく組み合わせる

多くの起業家は、2つのタイプのどちらかです。

短期的に重要なこと、例えば資金繰りであったり、目の前の顧客にばかり意識が強くなる傾向があるタイプです。

もう一つは、長期的に重要なこと、例えば商品開発やマーケティングの仕組みづくりにばかり意識が向く人です。

どちらも重要であり、バランスが大切です。

9.適切な価格設定をする

製品の価格を決めるのは非常に難しい仕事です。

多くの場合、安すぎる価格を設定して失敗します。

効果的な価格設定がビジネスの成功には不可欠なのです。

十分な粗利益を確保出来る価格を設定しましょう。

そのためにマーケティングの仕組みや営業体制を構築するのです。

10.一つのアイデアに固執しない

起業家はある意味、常に崖っぷちにいます。

だからこそ、一つのアイディアや一つの解決策だけでは充分ではありません。

必ず壁を乗り越える必要がある場合、いくつかのアイデアや解決策があることで、初めて成功を手に入れる事ができるのです。

たった一つの良いアイディアに固執した結果、失敗する起業家が数多くいます。

まとめ

起業の成功とは、継続的にビジネスを続けていけることをいいます。

長くビジネスを続けるには、起業の目的を明確にし、未来予想図を設計することです。

また、アイデアをたくさん出し、トライアンドエラーを繰り返し、顧客に満足して頂けるサービスを作り出すことが、ビジネス継続のカギとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク