自分だけの起業マインドをつくる

起業マインド

綿密に計画して起業した人、えいやっと勢いで起業した人。

どちらも起業したての頃は、エネルギーも高く、張り切ってビジネスに取り組んでいると思います。

ですが、時間がたつにつれ、だんだんモチベーションも下がってきて、ビジネスに対する姿勢も怠けがちです。

特に売り上げが上がらない時は、ビジネスをしていてもつまらないと感じることでしょう。

ですが、そのまま怠けていたり、つまらないから動かない、、、といった状態では、せっかく起業した意味がありません。

そんな時、初心に帰るためには起業マインドがあると、軌道修正しやすくなります。

今回は、自分だけの起業マインドをつくる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

起業家のマインド

すべては自分次第

起業後は、なんでも自分で決めていかなければなりません。

パートナーがいたとしても、やはり自分たちで決めていかなければいけません。

待っていては、収入は入ってこないのです。

自分で商品を決める。

自分で目標を決める。

自分でやることを決める。

自分で行動して達成する。

すべては、自分次第です。

これをわかっているか、いないかで、起業後の行動が変わってきます。

起業家のマインドとして、一番重要なことです。

マインドは忘れがち

マインドを思い出す日を強制的に作る

起業マインドとして、【すべては自分次第】ということが一番重要だとわかっていても、つい忘れがちになってしまいます。

コンサル生のみなさんとは、1か月に一度はオンラインセッションをするようにしていますが、なかにはお忙しくて2か月ぐらいお話しできない方もいます。

すると、この2か月のうちに何があったの!??というぐらい、モチベーションが落ちています。

起業マインドは日常にかき消されて、ついビジネスは後まわしになっている人もいます。

人間は忘れる生き物なので、しょうがないとは思いますが、そのままズルズルと過ごしていけば、ビジネスの成功は遠のいてしまいます。

なので、強制的に月に一度は「起業マインドを思い出す日」を作りましょう。

例えば、

毎月1日はマインドを思い出す日にしてみる。

毎日、マインド(起業/企業理念)を言葉に出してみる。

1か月に一度はコンサルタントと話をする。

定期的にセミナーや講座を受講する。

どこかで仕切り直しをする日を作れば、忘れがちな起業マインドを思い出すことができます。

あなただけの起業マインドをつくる

起業する前にマインドを決めておく

自分で商品を決める。

自分で目標を決める。

自分でやることを決める。

自分で行動して達成する。

すべては、自分次第の起業マインド。

起業する前に具体的に決めておくと、強制的に思い出したときに、今はそこから外れていないか?の確認もできますね。

商品を決める→どのような商品をお客様に提供したいか。

目標を決める→どのような会社(個人)になりたいか?年収、顧客数、どんな会社だと言われたいか、どうやって社会に貢献していくか?など。

行動や商品自体は、その時々で変わってくるでしょうが、根底となる理念やマインドをしっかり決めておくことで、一つの指針ができます。

会社にお勤めだった方は、企業理念があったと思います。

それを思い出して、作成してもいいですね。

誰かにやらされるんじゃない。

自分がやりたいと思ってやるビジネス。

自分で作る起業/企業理念。

あなたのビジネスの軸となる起業マインドを作りましょう。

まとめ

起業マインドは起業家にとってとても大切なものです。

なぜなら、ビジネスの軸となり、指針となるからです。

起業マインドの基本は、すべて自分次第。

何をやるのも、やらないのも自分次第なのです。

ならば、起業する前に、自分だけの起業マインドをつくりましょう。

ビジネスが上手くいかない時、迷うとき、怠けてしまうときに、思い出して軌道修正しましょうね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク