女性起業家として活躍するために

女性起業家 成功

近年、起業をする女性が増えてきました。

ですが、男性に比べて女性が起業するのは、まだまだ大変な世の中です。

特に、家庭と起業を両立したい方は、家族の理解や協力が必要です。

今回は女性起業家として活躍するためには、どんなところを改善し、準備していかなければいけないのかをお伝えします。

スポンサーリンク

女性の起業家と男性の起業家の違い

家庭と起業の両立を目指す人が多い

一昔前は、男性のほうが起業している率が圧倒的に高かったのですが、最近、少しずつではありますが、女性が起業する割合は増えてきました。

内閣府男女共同参画局のデータによると、女性起業家と男性起業家では、働き方が少し違うというデータになっています。

女性起業家は

  • 性別に関係なく働きたい
  • 趣味や特技を活かして働きたい
  • 家族や子育て、介護をしながら働きたい

といったように、職務経験や趣味を活かして、家庭と両立しながら起業する傾向が見られます。

男性のように、人生をかけて起業するという女性も中にはいますが、男性に比べると少なく、小規模でスタートする女性起業家が多いのです。

女性、特に妻や母といった主婦の場合、全ての時間を事業に費やせるという状況ではなく、様々な役割をしながらの起業という側面が大きいです

労働時間にしても、動ける時間帯・動き方にしても男性との違いがあります。

家族の理解が必要である

結婚している場合、家事を分担制でやっている夫婦なら問題ないのですが、今まで奥さんが家事全般をこなしてきた場合、起業するにあたって、旦那さんの協力は不可欠です。

子育て中なら、働く時間帯や、外でオフィスを構える場合は、保育園などの預け先の確保が必要です。

男性が働く場合、こういうことはあまり気にならない事ですが、(日本では男性が働いて、女性が家のことをやるという習慣が根強い)女性が働く場合は、家族の説得、理解が必要になってきます。

家族の支えがあり、また自分も家族を支えてこそ、起業し社会貢献をしていく重要なポイントとなります。

「自分はこういう想いがあって、起業したい」と熱意を伝えるのも大切です。

女性が起業するには、男性に比べて、家族に理解してもらうことが大事になってきます。

女性だからこそできる視点で起業する

女性の強みを生かした起業が多く見られます。

最近は、女性が市場を動かしているといっても過言がないほど、女性をマーケットとした商品が開発され、売り出されています。

そんな中、女性向けの商品づくりなどは、やはり男性よりも女性が考えたほうが、間違いなくツボを掴んでいると思います。

また、エステサロンや占いなど、女性ならではのジャンルで活躍する起業家もたくさんいます。

今後、女性の社会進出が一層強く、深くなっていくと、女性マーケットが一層の拡大していくでしょう。

そのような意味では、女性起業家の活躍の幅もどんどん広がっていきます。

このように、今までにいなかった女性起業家が、新しい視点などで既存の価値観を変えていくのかもしれません。

ただ、「なんとなく起業してみました~」という、ふんわりとした女性起業家もいます。

売上はほとんどなく、商品・サービスすらしっかりとしたものがないという状況だったりします。

キラキラ、ゆるくなど、ボンヤリしたイメージで起業をする女性もいますが、起業したならばしっかり収益を出していきましょう。

女性向けの起業支援が盛んになっている

女性向けサービスの活用

女性起業家が増えてきたことにより、女性起業家向けのサービスも増えてきています。

例えば、融資や、起業支援機構など、資金面や知識面でバックアップしてくれる企業があります。

また、コワーキングスペースの提供や、子連れで出勤することができるコワーキングスペースもあります。

こうしたメリット以外にも、このようなサービスを活用することで、子供を抱えながら働く同じ境遇の方々と出会えるチャンスにもなります。

統計から考える女性起業の実態

女性起業家の割合

まずは、女性起業家の割合について見ていきましょう。

2012年の時点で、男性の起業家は7割、女性の起業家は3割となっています。

そして、この数字は女性の起業希望 者の割合が1979年以降で最も高くなっています。

出典:女性起業家を取り巻く現状について

女性起業家の起業分野

女性は男性と比べ、子育てや介護等、生活のニーズに根ざした「生活関連サービス業、娯楽業」、また趣味や前職で特技等を活かした「教育、学習支援業」等の分野での起業が多くなっています。

出典:「中小企業庁・中小企業白書2014年版全文」

起業を志した理由

女性起業の特徴として、収入を得るために起業したことはもちろんですが、それ以外にも、「性別に関係なく働くことができる」「趣味や特技をいかしながら働く」「家事や子育て、介護と両立しながら柔軟に働くことができる」という声が上がっています。

職務経験や趣味を活かして、家事と両立しながら起業する傾向が見られるのが特徴です。

出典:女性起業家を取り巻く現状について

女性起業家の悩み

起業する際に、まったく不安を感じることなく起業するという方は少ないと思います。

起業時に抱える悩みとしては、男性が抱える悩みはだいたい同じもので、【収入の減少】【事業が成功するのか・しないのか】【社会保障】になります。

そして起業に踏み入らない理由としては、女性の場合は【現状に満足している】【自分がやりたい事業をどうすればいいのかわからない】という意見が多く挙げられていました。

出典:女性起業家を取り巻く現状について

女性起業家が直面している課題

女性起業家が抱えている問題は、【経営知識の取得】【家庭との両立】となっています。

男性に比べると特に財務・会計に苦手意識を感じる女性起業家が多くいます。

個人事業主の割合も高く、税理士等を活用しないケースも多いので、なおさら苦手を感じているケースがあります。

また、家庭との両立に苦労している方が多くなっています。

やはり結婚している場合ですと、子どもの世話との両立に不安を感じている方が多くいます。

まとめ

女性起業家は家庭と仕事の両立を目指す人が多いです。

それには、家族の理解と協力が不可欠です。

女性ならではの視点でビジネスをして、成功している女性起業家が多い半面、なんとなく起業したフワフワした女性起業家もいます。

起業の目的などをしっかり持って、利益を上げるビジネス形態をとっていきましょう。

女性支援サービスも多く、頼れるところは頼って、女性起業家として活躍していきましょう(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク