確定申告の時期・場所・書類・注意点

税務署 確定申告

確定申告をする人はコチラの記事にまとめました。

今回は、確定申告の時期や場所、書類についてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

確定申告の時期

申告期間は決まっている

確定申告は、前年の1月1日から12月31日の1年間に発生した所得や経費から所得税を計算し、税務署へ申告する手続きのことをいいます。

申告期間は2月16日から3月15日の間です。

ただし、税金を取り戻すための還付申告なら過去5年に遡って可能です。

控除漏れがあった翌年の1月1日から5年間はいつでも確定申告書を提出できるとされています。

3月15日という確定申告の期限に縛られることもありません。

確定申告の提出方法

住んでいる地域の税務署に提出

自分の住んでいる街の税務署に提出します。

最近では税務署内に確定申告会場を設けずに、大型のショッピングセンターやコミニュティセンターなどに確定申告会場を設けているケースが多いので、最寄の税務署に確認してくださいね。

必要事項を記入して税務署に郵送でもOK

税務署に郵送することもできます。

ただし、間違いがあると訂正のために呼び出されますので、税務署に直接持って行って、その場でチェックしてもらってから提出すると間違いがありませんね。

確定申告に必要な書類

税務署から入手する書類

申告書の用紙や、所得税の確定申告の手引きをもらいます。

税務署や市区町村役場の税務課、確定申告相談会場でもらえる用紙で、行けない場合は郵送もしてもらえます。

また、インターネットからも入手できます。国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp/)から、自分に必要な申告書はどれなのか選んで、プリントアウトします。
確定申告書作成コーナーもあり、とっても便利です。

自分で用意する書類

源泉徴収票や支払調書は会社やアルバイト先から、経費を計算するためのレシートは1年分取っておいたものを使います。

医療費の控除を受ける場合も、レシートが必要になります。

住宅ローン減税、ふるさと納税、FXや株での損失などで申告を受ける場合でも、金額の根拠となる書類が必要になりますので、全て取っておくようにしましょう。

注意点

期限までに納税する

納付税額が発生する場合は、申告期限と同様、原則3月15日(年によって変更あり)が納付期限です。

申告だけ済んでいても、税金の納付が済んでいないと延滞税などのペナルティが発生することもあり、注意が必要です。

提出日を厳守する

提出日は厳守しましょう。

納税が3月15日を過ぎると延滞税や利子税がかかる場合があります。

実は、還付申告は確定申告期間の1ヶ月前から受け付けてくれます

1月だとすごく空いていますよ。

早く行けば、それだけ還付金が受け取れる時期が早くなります。

還付金の受け取り方

還付金の受け取り方法は2種類あります。

金融機関・郵便局の口座へ振り込んでもらうか、郵便局の窓口に行って受け取るか、どちらかを確定申告の用紙に記入します。

必ず本人名義の口座でなくてはなりません。

最近ではインターネット銀行の口座を持っている方も多いですが、還付金は国庫金で、ネット銀行は振込み先として指定できない場合があるので注意してください。

まとめ

確定申告はいろいろなパターンや、金額の計算があるので、めんどくさく感じます。

税務署という普段あまり行かない場所にも、抵抗があるかもしれません。

ですが、時期や場所は決まっていますし、今はネットで書類を取り寄せたり、書き方の手引きもあります。

国民の義務である納税と、払いすぎた税金を取り戻すための確定申告は、必ず行いましょうね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク