Twitter登録方法

ツイッター集客

ビジネスにぜひ利用したいのが、Twitterを使った集客術です。

無料で使用できる優れものです。

初めてアカウントを作る方のために、登録方法をお伝えしますね(^^)

スポンサーリンク

アカウントの新規作成

まずは、ツイッターのトップページへ行きます。

ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

右上にある、『アカウント作成』という項目をクリックします。

Twitterアカウント登録

すると、名前、メールアドレス、パスワードを登録するページへ移動します。

設定の仕方

アカウント作成後、画面通りに入力していきます。

Twitterパスワード

呼び名

Twitter上で表示される名前です。呼び名はニックネームも可です。

好きな名前を付けましょう。

この呼び名は後で何回でも変更できるので、まずはあまり悩まず入力しましょう。

電話番号またはメールアドレス

電話番号かメールアドレスを入力します。

最初は電話番号は登録せず、フリーで習得したメールアドレスを使って登録することをおすすめします。

電話番号で登録すると、アドレス帳から友達のTwitterアカウントを追加してしまったり、誰かに電話番号でアカウントを検索される可能性があります。

あまり周りにツイッターアカウントを作ったことを知られたくない場合は、フリーメールアドレスを使いましょう。

パスワード

Twitterアカウントにログインするためのパスワードです。

最近は乗っ取りなどという悪質な行為が横行していますので、被害に合わないよう、少し複雑なパスワードに設定しておきましょう。

もしパスワードを忘れてしまった場合は、ログインする際に、登録したメールアドレス宛にパスワードを送信することができます。

パスワードは6文字以上にしないといけないので、注意しましょう。

Twitterコンテンツを閲覧したHPを基にTwitterをカスタマイズ

こちらは、特にチェックを入れる必要はありません。

チェックを入れると、あなたが閲覧したウェブの情報を元に、ツイッター上で最適と思われる広告を表示してくるようになります。

では、アカウント作成が終わりましたら、『アカウント作成』をクリックして先に進みましょう。

そうすると、電話番号を登録する画面が現れます。

Twitter電話番号

下に小さく『スキップ』と書いてありますので、登録したくない場合はスキップで飛ばしましょう。

ユーザー名

次に、Twitterのユーザー名を決めます。

アカウント名と違って英数字によるIDです。

英数字のみ使用でき、_(アンダーバー)や.(カンマ)が使用できます。

なお、それ以外の記号は使用できません。

@◯◯というようにツイッター上で表示されます。

ユーザー名

Twitter ユーザー名

こちらもスキップとは書いてありますが、ユーザー名は必ず付与されるため、スキップした場合、『利用可能なアカウント名』からランダムでユーザー名が決まります。

ユーザー名が決まって次に進むと仮登録が完了です。

フォローするアカウント名

次のページからは、あなたが興味のあるトピックを選ぶ画面にいきます。

ここは、特に選択しなくてはいけない訳ではなく先に進むことができます。

ここで選択したトピックを元に、おすすめの情報や、おすすめユーザーなどを紹介してくるようになります。

同じ興味を持ったユーザーと繋がりたい場合は選択しましょう。

次に、登録したアドレス帳に登録されている友達をTwitterで探すかどうかのページに行きます。

ここは、決まった友人と繋がる予定がある場合は利用すればOKです。

ただ、アカウントを作ったことを知られたくない場合は『利用しない』をクリックし先に進みましょう。

最後に、最初にフォローする相手を選ぶページにいきます。

だいたい芸能人が占めています。

特に誰もフォローせず始めたい場合は、『全てを選択』のチェックを外し、『続ける』で先に進みましょう。

本登録

ここまでの手順だけでTwitterでアカウントを新規登録することができました。

途中、電話番号の認証などを求められますが、個人情報は一切入力することなく新規登録ができます。

プロフィール

本登録が済んだら、あとはプロフィールの設定です。

設定しておくべき項目としては、プロフィール画像、ヘッダー画像、プロフィール説明です。

誕生日項目は、設定すると、フォロワーに誕生日を通知するようになってしまいます。

位置情報も、プライバシーを知られたくない場合は設定しないでおきましょう。

近くに済むユーザーをおすすめしてくるようになりますので、知り合いに知られたくない場合も設定しないでおきましょう。

まとめ

こういった匿名性が高く利用できる点が国内でTwitterが支持される理由ですね。

ですが、年々、Twitterアカウントは規制が厳しくなっています。

これから、初めて新規で作る場合は問題ないですが、沢山作ると、作った瞬間にアカウントがロックされていることがあります。

節度を守ってツイッターを楽しみましょう。

Twitterにはツイートやリツイート、DMなど初心者にとっては分かりにくい機能もありますが、実際に利用していくうちに慣れると思います。

ぜひ、活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク