Twitter集客テクニック

ツイッター集客

SNS集客の一つにTwitterがあります。

10代、20代の使用率が高く、140文字で手軽につぶやくことができます。

スポンサーリンク

Twitter集客テクニック

140文字でつぶやけるTwitterは、隙間時間で発信できる頼もしいSNSです。

ただ、つぶやくだけではなく、少しテクニックを使うと、より見てもらいやすくなります。

#(ハッシュタグ)を使う

「#焼肉 #叙々苑」 「# 渋谷 # 初売り」

など、投稿に#(ハッシュタグ)をつけると、同じ体験をしている人、共通の思いがある人、興味がある人に見てもらいやすくなります。

商品名やサービス名に#(ハッシュタグ)を付ければ、欲しい人が検索して、あなたのページを見てくれる可能性もあります。

文字数を調整する

Twitterは最大140文字つぶやけます。

ですが、投稿文字数により、ユーザーのエンゲージメント率に差が見られます。

※エンゲージメント
ユーザーがツイートに対して行った「お気に入り」、「リツイート」、「返信」、「リンクのクリック」、「アカウントのフォロー」、「ハッシュタグのクリック」など15項目の累計数

リツイートされやすい文字数:71~110文字
URLがクリックされやすい文字数:120~130文字

出典元:10 Surprising New Twitter Stats To Help You Reach More Followers

文字数を調整して、リツイートやURLをクリックしてもらいましょう。

ターゲットによって投稿の曜日を変える

投稿曜日とエンゲージメント数には関係があり、これはアカウントのターゲットによって違ってきます。

ブランドアカウントは週末にツイートすると、エンゲージメントが17%増え、
ビジネス向けアカウントは平日にツイートするとエンゲージメントが14%増えると言われています。

出典元:The Best Time to Post Tweets, Facebook Posts and More

ツイートを見てほしいターゲットは誰なのかを明確にし、それにより投稿曜日を変えましょう。

投稿の時間帯を変える

ツイートする時間により、フォロワーのリツイートやクリック数に変化があります。

・朝の通勤時間はクリックされやすい
・昼食の時間はクリックされやすい
・夕食の時間はクリックされにくい
・午後に投稿するツイートの方がクリック率が高い
・そのなかでも、午前では通勤時間の7時~9時のツイートはクリック率が高い
・午後では夕食時間の18時、19時のツイートはクリック率が低い

出典元:10 Surprising New Twitter Stats to Help You Reach More Followers – The Buffer Blog
朝や昼はごはんを食べながら、電車に乗りながら、、、など、「ながら時間」で見てもらえる率が高いですね。

ただ、やみくもにツイートするだけではなく、こういった投稿時間にも気を使うと、読んでもらえる可能性がUPします。

何度か同じ投稿をする

やりすぎは禁物ですけどね(笑)

一度投稿したからと言って、フォロワーが全員見てくれるとは限りません。

しつこくならない程度に、同じ投稿をしてみましょう。

ただし、同じ投稿の間に、違う内容の投稿もしていきましょうね。

更新をマメにする

いくら投稿時間や#(ハッシュタグ)などのテクニックを使ったとしても、投稿自体が魅力的なものでなくてはフォロワーはつきません。

更新をマメにして、有益な情報をつぶやけば、それを見た人はあなたのことを信頼できる人と思ってくれます。

フォロワーに忘れられないためにも、有益な情報をどんどん発信していきましょう。

まとめ

Twitterは手軽につぶやけるので、ビジネス集客の強い味方です。

#(ハッシュタグ)を使って、興味のある人を集め、自分のホームページやブログに誘導することもできます。

投稿の曜日や時間、文字数を調整することで、より多くの人の目にとまることができます。

ただ、小手先だけのテクニックに頼らず、発信自体を有益で役に立つものにすること。

更新もマメにして、「この人のツイートはすごくタメになる」と思ってもらえるようにしたいですね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク