あこ課長の無料宅建講座YouTubeへ

建築基準法4 用途地域 13の用途地域・建築制限・用途制限・特別用途地区における緩和・異なる用途地域にまたがる場合 宅建2022 

用途地域一覧

今回は、用途地域について学習します。

テキストによっては用途制限となっている物もあります。

それぞれの用途地域にあった建築物を建てるための制限を学習します。

用途地域は覚えることがたくさんありすぎて、「無理~」となっちゃう受験生さんも多いです。

最終的には暗記ですが、まずは最初に考え方をお伝えしようと思います。

「どうしてそうなるのか?」の考え方を、用途地域のイメージと絡めて覚えれば、暗記したことを、ど忘れしたとしても問題が解けます。

あこ課長

建築基準法は範囲が広いので、数回に分けて投稿します。

試験出題率(建築基準法全体)
0%
100%
目次

用途地域を定める場所

都市計画区域

用途地域

住居系

低層住居
準住居地域

商業系

商業地域
近隣商業地域

工業系

工業系用途地域
工業専用地域

まとめ表

全用途地域
店舗事務所
レジャー娯楽
工場

用途制限

特定行政庁の許可があれば、禁止されている用途のものでも建築することができる。

都市計画区域内では、卸売市場、火葬場、ごみ焼却場等の処理施設は、都市計画において、その敷地の位置が決定しているものでなければ、原則、新築、増築はできない。

用途制限

特別用途地区における緩和

特別用途地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合、国土交通大臣の承認を得て、条例で、用途制限を緩和することができる。

異なる用途地域にまたがる場合

建築物の敷地が異なる用途地域にまたがる場合は、敷地の過半の用途制限が適用される。

(例)カラオケボックスを建てようとする場合、敷地が第一種住居地域と近隣商業地域とにまたがる場合には、その敷地の過半を占める地域のルールが適用される。

用途の異なる地域

問題に挑戦!

建築基準法に関する次の記述は誤っている。どこが誤っているのかを見つけ、理由を述べよ。

1.建築物の敷地は、必ず幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない。

2.近隣商業地域内において映画館を建築する場合は、客席の部分の床面積の合計が200㎡未満となるようにしなければならない。

3.第一種低層住居専用地域内では、小学校は建築できるが、中学校は建築できない。

4.病院は、工業地域、工業専用地域以外のすべての用途地域内において建築することができる。

問題の解説は「あこ課長の宅建講座 用途地域」を御覧ください。

あこ課長

YouTube:あこ課長の宅建講座も併せてご覧ください。
ブログと連動していますので、さらに理解力がUPしますよ。

  • あこ課長の宅建講座
すきま時間に耳学で効率的に勉強しましょう。

この記事を書いた人

宅建試験いっぱつ合格を目指す人へ
【無料宅建講座】をブログ・YouTube・Twitterで配信中。
受験者さんからは「無料なんて信じられない!」と
言っていただけるクオリティで、お届けしています。
「本試験、独学で40点以上取れました」
「わかりやすく、楽しく勉強できました」
というお声をいただき、やりがいを感じています。
本職は不動産業界16年目の営業ウーマン。
重説をきる宅建士です。
ネット上で、たくさんの受験者様、宅建講師の方々と
ご縁をいただき感謝しております。

目次